index

ホーム

函館日仏協会について

お知らせ

活動報告

入会のご案内

イベントスケジュール

  • 9月例会のご案内
  • 8月例会のご案内
  • 7月例会のご案内
  • 6月例会(映画観賞会)のご案内
  • 5月例会のご案内
  • 令和4年度総会・懇親会のご案内
  • 「フランス映画鑑賞会」のご案内 令和4年 3月26日に延期
  • 令和4年1月例会
  • 12月クリスマス例会
  • 11月例会案内
  • 最新10件を表示しています
  • 過去のイベントの
    一覧はこちら

フランスコーナー

刊行物

五島軒

日仏協会

リンク

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて

9. 函館とフランス——辻仁成

函館を舞台の小説『海峡の光』(新潮文庫)で芥川賞の作家である辻仁成は、現 在、再婚した中山美穂やお子さんと、パリに在住です。
現在はダイニングバーになった、宝来町のジョリージェリーフィッシュに高校のこ ろ住んでいて、そばの喫茶「ひし伊」に通っていたとのこと。
『母なる凪と父な時化』『パッサジオ』『クラウディ』『ニュートンの林檎』な ど、函館が舞台の小説がいくつもあります。
さて、『いつか一緒にパリに行こう』(光文社文庫)という本もあります。
2003年来のパリ在住を、雑誌『25ans』(ヴァンサンカン)に綴ったものです。
「サヨナラとオ・ルヴォアール」という章での、日本人とフランス人の微妙な違い が、印象的です。
夫人も『なぜならやさしいまちがいがあったから』(集英社)という、パリ滞在を 綴ったフォトエッセーを出しています。
辻はもう1冊、フランスがらみの本を出しています。

2012年01月15日公開