index

ホーム

函館日仏協会について

お知らせ

活動報告

入会のご案内

イベントスケジュール

  • 6月例会の御案内(6/7)
  • 5月例会【無料映画会】のお知らせ(5/13)
  • 2018年度総会・懇親会のご案内 4月4日
  • 3月例会の御案内
  • 2月例会・フランス映画会の御案内
  • クリスマス晩餐会“JOYEUX NOEL 2017”のご案内
  • 11月例会「ボジョレー・ヌーボーを楽しむ会」22日
  • 10月例会(映画)
  • フランス語学習会(次回来年予定)
  • 9月例会「秋の味覚を楽しむ例会」のご案内
  • 最新10件を表示しています
  • 過去のイベントの
    一覧はこちら

フランスコーナー

刊行物

五島軒

日仏協会

リンク

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて

16. 辞書の進化

用例収集が手作業の昭和の時代とは、編集方法に隔世の感があります。
また、エイズにユーロなど、新語も増えています。
辞書を使いこむことは、古い辞典を手放さないこととは違うと思います。
「その地震で高速道路が1キロ以上にわたって倒壊した」
この仏訳には sur を使いますが、昭和60年の旺文社『ロワイヤル仏和辞典』より 前の日本の辞典には、用法が載っていません。
Il s’agit de の後に、不定冠詞が来る場合の意味はC’est (それは…です)と 同じ、というのもそうです。
parler (話す)という動詞の後にde が来る場合、後ろの名詞に定冠詞がつけば 「〜について」の意味ですが、冠詞なしなら「〜という語を口にする」という意味に なる、というのも同じです。
辞典の新版が出たからといって、犬がニャーと鳴きだすような変わり方をするわけ ではありません。
国語辞典でもそうですが、結構、基本的な語の記述に変化が生じます。

2012年01月14日公開