index

ホーム

函館日仏協会について

お知らせ

活動報告

入会のご案内

イベントスケジュール

  • 6月例会の御案内(6/7)
  • 5月例会【無料映画会】のお知らせ(5/13)
  • 2018年度総会・懇親会のご案内 4月4日
  • 3月例会の御案内
  • 2月例会・フランス映画会の御案内
  • クリスマス晩餐会“JOYEUX NOEL 2017”のご案内
  • 11月例会「ボジョレー・ヌーボーを楽しむ会」22日
  • 10月例会(映画)
  • フランス語学習会(次回来年予定)
  • 9月例会「秋の味覚を楽しむ例会」のご案内
  • 最新10件を表示しています
  • 過去のイベントの
    一覧はこちら

フランスコーナー

刊行物

五島軒

日仏協会

リンク

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて

12. 翻訳で読む限界

先日の例会で、話題になった、アポリネールの「ミラボー橋」という詩に限りませ んが。
例えば冒頭の部分。
「ミラボー橋の下をセーヌが流れる
ぼくらの恋が流れる
私は思い出す
喜びは常に悲しみの後に来たことを」
仮の訳で、普通の訳ですが、原文での両義性が読み取れず、個人的には不満を残し ます。
そして、学術的なことは別にしても、この詩にもある、脚韻が味わえません。
詩は意味だけでもありません。音も大切です。

2012年01月15日公開