index

ホーム

函館日仏協会について

お知らせ

活動報告

入会のご案内

イベントスケジュール

  • 2018年度総会・懇親会のご案内 4月4日
  • 3月例会の御案内
  • 2月例会・フランス映画会の御案内
  • クリスマス晩餐会“JOYEUX NOEL 2017”のご案内
  • 11月例会「ボジョレー・ヌーボーを楽しむ会」22日
  • 10月例会(映画)
  • フランス語学習会(次回来年予定)
  • 9月例会「秋の味覚を楽しむ例会」のご案内
  • 8月例会の御案内~フランス中世の巡礼道を歩く
  • 函館日仏協会7月例会
  • 最新10件を表示しています
  • 過去のイベントの
    一覧はこちら

フランスコーナー

刊行物

五島軒

日仏協会

リンク

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて

13. 男性名詞と女性名詞

本 livre が男性、雑誌 revue は女性。
何が根拠でとか、考えないほうがいいように思います。
英語と違って面倒でも、ドイツ語やロシア語と違って、中性まではありません。
そして、同じ系統のスペイン語などとは、性はほぼ一致しますが、ドイツ語とは無 関係に決まっています。
少なくとも、無生物名詞にも性があることが、むしろヨーロッパでは普通なので す。
さて、おもしろいことにも気づきます。
国名も性がありますが、フランス自身が女性、イギリス、ドイツ、スペイン、イタ リア、スイス、ベルギーなどの隣国も。
しかし、ポルトガルは男性、フランス語圏でも、ルクセンブルグ、カナダは男性。
でも、中国、韓国、タイなど、遠くても女性の国もあります。
日本は残念ながら(?)男性ですが。

2012年01月15日公開